ラグドール

ラグドール


英語表記
Ragdoll

原産国
アメリカ

公認団体
CFA ・ TICA ・ FIFe ・ GCCF

毛種
長毛種
 

ラグドールの歴史

ラグドールを最初期に作出したのは、アメリカ・カリフォルニアに住んでいたペルシャ猫のブリーダーでした。
地域で暮らしていた外猫と、ブリーダーの飼っていた猫を交配して生まれた子猫が基礎となったと伝えられています。

ラグドールの歴史には、ちょっとした騒動がありました。
作出した人物は、この猫の魅力に自信を持ち、新しい品種として育成することとをビジネスと結びつけて計画しました。ラグドールの品種名は登録商標されることになります。
そして、既存の猫血統登録団体には登録せず、新しい団体IRCAを設立し、ラグドールの血統管理と個体管理をフランチャイズビジネスの本部として行おうと考えていました。繁殖を行う目的の人には、フランチャイズ契約を行うことを条件に、猫を譲り渡していました。
このような仕組みに疑問を持った繫殖家が、フランチャイズ契約を行わずに譲り受けた子猫で、新たに繁殖を行うことにしました。
そして1970年代以降、固定化したラグドールは、初期の作出者以外の繁殖者によって、有力な血統管理団体CFAやGCCF、FIFeに登録することができました。
また、ラグドールの初期の作出者が設立した血統登録団体IRCAは20世紀後半に分裂してしまいました。
ラグドールのビジネス化に疑問を持った繁殖家達によりラグドールを基礎に作られた新しい猫種がラガマフィンです。

ラグドールの特徴

ラグドールは、顔や手足などに特徴的な斑が入る毛色の、ミディアムロングの被毛を持つ猫です。
体型はロング&サブスタンシャルタイプで、大きめの頭にややつり上がった青い目、丸い頬をしています。
しっぽは体長と同じくらいの長さで、筋肉質で重量感がある体格です。
標準的な体重はオス6.5~9kg程度、メス4.5~7kg程度の中~大型猫とされています。

ラグドールの性格

ラグドールとは「ぬいぐるみ」を意味する言葉ですが、その名の通り、抱っこを好みます。
相手が子どもであっても、大きくしっかりとした体を預け、脱力してしまいます。
落ち着いた性格で、大きな声で鳴くこともほとんどなく、激しい遊びにはあまり関心を示しません。

ラグドールの飼い方

大人のラグドールは落ち着いてリラックスして過ごすことが好きな猫ですが、子猫から若猫時代は普通の猫らしく非常に活発です。体が大きいため成猫になるまで3~4年はかかりますが、この時期を過ぎると性格は落ち着いてきます。
しっかりした体と美しい被毛を作るために、バランスの良い栄養の食事を与えましょう。

ラグドールはセミロングとはいえ、被毛は厚く豊かです。できれば毎日、少なくとも週に2~3回以上のブラッシングまたはコーミングで、抜け毛をきちんと処理してあげましょう。

ラグドールの毛色

ラグドールはシール、ブルー、レッド、クリーム、ライラックのポイント、これらのタビーポイント、バイカラー、トーティ(サビ)があります。
ラグドールは、毛色だけではなく斑の入り方に特徴があります。
顔や手足、尻尾などにアクセントが入る「ポイント」、四足に手袋や靴下を履かせたような「ミテッド」、2色
混合しているのがトーティ、2色が分かれているのがバイカラーになります。
また、生まれた時はほぼ全身が白く、成長に従って毛色が発現しますが、完全に発色するまで2年近くかかることもあります。

ラグドールの気を付けたい病気

重篤な遺伝性疾患については比較的少ないとされているラグドールですが、祖先猫の中にペルシャがいるため、その遺伝子を引き継いでいます。
ペルシャに多くあらわれる肥大型心筋症は、ラグドールでもしばしば起こるようです。
この病気は、心臓を取り囲む筋肉が徐々に肥大していくことで、心臓の動きが悪くなり、全身に送り出される血液が滞りがちになります。
やがて心不全、貧血、血栓などを引き起こし、突然死に至ることもあります。
この病気になると、疲れやすくなることから、じっとしていることが増えるようになります。異変に気づいたら病院を受診するようにしましょう。

長毛種特有の皮膚炎や毛球症は、こまめなブラッシングやコーミングで予防することができます。日本の高温多湿の夏は長毛猫には苦手です。空調管理と共に抜け毛の手入れはしっかりと行ってあげましょう。