ラガマフィン

ラガマフィン


英語表記
Ragamuffin

原産国
アメリカ

公認団体
CFA ・ GCCF

毛種
長毛種

ラガマフィンの歴史

ぬいぐるみのようにかわいらしく、しなやかな体を持ったラガマフィン。直系の祖先はラグドールになりますが、これら2種類の猫は似ているところが多く、TICAではラガマフィンを公認していません。ラガマフィンとラグドールの違いがはっきりと認められるまでは、予備登録期間として観察を続けているようです。ほかの団体でも、ラガマフィンの異種交配にラグドールを認めている団体と、異種交配を一切認めない団体があります。以前は、遺伝子プールを広げるために他の猫種との交配が認められていました。しかし、今ではほとんどの団体が、そういった他の猫種との交配を禁止しています。そういった状況にあるラガマフィン。その存在自体は古いですが、登録された猫種としては比較的新しい猫といわれています。このような状況になったのには、少し複雑な理由があります。1960年頃、ラガマフィンの祖先であるラグドールが誕生しました。そのきっかけとなったのは、アメリカ・カリフォルニアに住んでいた、ベイカーというペルシャ猫の繁殖家。自分の飼っていた白いペルシャと、その地に住んでいた猫を交配し、長毛でシールポイントがある猫を作ろうとしたことが、ラグドール誕生の始まりです。この繁殖に使われた雑種の猫は、バーマンかその雑種と推定されており、生まれた子猫にはバーミーズが交配されたとされていますが、正確には記録がないのでわかりません。
その後ラグドールは、ベイカーによって厳しく血統の管理が行われ、ベイカーは自ら血糖管理団体を設立し、繁殖をしたいという人とはフランチャイズ契約を行って子猫を譲るというビジネスを展開しました。猫の品種名を商標登録したり、繁殖によって生まれた子猫の代金の一部をベイカーの団体に支払うよう契約したりといったこともあったようです。こういったビジネスや、ベイカーの管理する団体が決めたラグドールのスタンダードに疑問を持った愛好家たちは、徐々にベイカーから離れていきました。1990年頃、ベイカーから離れた人たちが集まって愛好家団体を設立。新しい猫種の名前とスタンダードを設定し、繁殖を続けていきたいと考えたのです。このような経過を経て生まれたのが、ラガマフィンだったのです。ふわふわとした柔らかい手触りで、体の大きなラガマフィン。その名前には「いたずらっ子」という意味と、「ボロボロの服を着た人」という意味があります。冗談半分でつけられたというこの名前ですが、登録後に変更ができなかったので、この名前のまま落ち着いたのだそうです。

ラガマフィンの特徴

ラガマフィンは、被毛はミディアムロングの猫です。大きめの頭にややつり上がった青い目、丸い頬をしています。
大きな体に筋肉質のしっかりした体を持ちます。
標準的な体重はオス6.5~9kg程度、メス4.5~7kg程度です。

ラガマフィンの性格

ラガマフィンは甘えん坊で温和であり、抱っこされるのが大好きです。
ほかのペットや家族のなかにいても自分が1番愛されたいと望む猫らしい面がありますが、ほかの猫やペット、子どもとも上手に付き合えますので、愛情をめぐる闘争心はありません。むしろ先住のペットや子どもに自らすりよっていく面があります。

ラガマフィンの飼い方

ラガマフィンは遊び好きではありますが、人間と小さなおもちゃで遊ぶのを好みます。
ラガマフィンは体が大きく成猫として完成するまで3~4年はかかりますが、この時期を過ぎれば非常に落ち着いた猫になるでしょう。

賢く、扱いやすいため、しつけは難しくありません。リードをつけての散歩することも可能です。
人見知りが非常に少ないため、脱走した場合、そのままよその家に上がりこんで暮らしてしまう可能性がありますから注意が必要です。

被毛はセミロングですので、少なくとも週に2~3回以上のブラッシングまたはコーミングで整えてあげましょう。

ラガマフィンの毛色

ラグドールが毛色を限定しているのに対して、ラガマフィンは遺伝学的に発生可能な毛色であれば、どのような毛色も認められています。
ただし、公認登録団体によっていくらか幅があり、不完全なポイントや遺伝疾患につながりやすい白い毛色の分量によって認められない場合があります。

ラガマフィンの気を付けたい病気

ラガマフィンはラグドール同様、祖先猫の中にペルシャがいるため、かかりやすい病気や遺伝疾患もペルシャのものを引き継いでいます。多のう胞腎症や肥大型心筋症は代表的なペルシャの遺伝疾患で、ラガマフィンでも起こります。
また、遺伝性疾患ではありませんが、一般的に猫のかかりやすい病気として膀胱炎や尿結石があります。
長毛種一般としては、被毛の手入れを怠ると毛球症にかかりやすくなります。