マンチカン

マンチカン


英語表記
Munchkin

原産国
イングランド(イギリス)

公認団体
TICA

毛種
短毛種 ・ 長毛種

 

マンチカンの歴史

ダックスフンド犬のような短足の猫の存在は、1944年にイギリスのジョーンズ博士によって、初めて報告されたと言われています。突然変異でそのような姿になったとされていますが、第二次世界大戦の頃には姿を消してしまいました。

しかし1953年になると、ロシアからも同じように足の短い猫が発見され、1964年にはアメリカのニューヨークで、1970年にはニューイングランドでも短足猫の存在が発見されました。

各地で報告された短足猫の変異は、1983年にトレーラーの下で暮らしていたブラックベリーと呼ばれる猫により、大きな一歩を踏み出すことになりました。ブラックベリーは妊娠していて、生まれた子猫の半分は短足猫だったのです。

この短足の子猫の一匹が繁殖家に引き取られ、短足猫の育種が始まったのです。当初の交配相手は短足猫以外の猫たちが使われ、近親交配による将来の遺伝子疾患のリスクを減らすため、異種交配が行われました。

そしてこの短足の小さな猫たちは「オズの魔法使い」に登場する小人族の名前であるマンチキンにちなんで、マンチカンと名付けられることになりました。

 

育種されたマンチカンは、ニューヨークで開かれた1991年のキャットショーで初めて展示されることになりました。

しかし、短足で小さなマンチカンの姿は、論争を引き起こすことになりました。

遺伝子疾患や免疫力の弱さを懸念する人たちと、この猫の愛くるしい姿に魅了され、その健全性を信じようとする人たちの両者のあいだで巻き起こった争いでした。

この時のキャットショーと以降の評判では、「結局は単なる突然変異」と結論付けられて終わったものの、のちにこの短足猫はアメリカのいろいろな場所で見つかり、彼らも育種のために使われるようになりました。こうして近親交配のリスクが低下すしたことで猫の国際的な血統登録団体であるTICAは、1995年にスタンダードを作成し、新しい猫種として認定することになりました。

マンチカンの育種については猫愛好家や遺伝学者など、さまざまな立場から違った倫理的見解があり、国際的な猫血統登録団体であるCFA(アメリカ)、GCCF(イギリス)とFIFe(フランス)は2014年現在、マンチカンを猫種として公認していません。純血種としての育種が開始されて20数年しか経ていないため、今後はさらに時間をかけて、マンチカンの健全化と固定化が待たれるところです。

マンチカンの特徴

マンチカンには短足だけでなく足の長い(ふつうの猫くらい)タイプも多く存在し、短足のマンチカンは実は全体の2割程度とも言われています。

短足タイプでは、体長よりやや短い長いしっぽを持ちます。小型のセミコビーで、オスは3~4kg、メスはオスより小さめです。

短足タイプの体高は猫種の中で最も小さく、2014年3月にはカナダで繁殖された体高13.6cmのマンチカンは、世界一小さな体高の猫としてギネスブックに登録されました。

マンチカンは作出の歴史において様々な猫と交配されてきたため、容貌や毛色が非常に多彩です。

しかし、交配による弱体化を防ぐために、TICAは他の純血猫との交配を禁じています。従って、スコティッシュフォールドのような折れ耳やアメリカンカールのような巻き耳など、ほかの猫種の特徴が発現したマンチカンは公認されず、血統書が発行されることはありません。

マンチカンの性格

マンチカンは大変陽気で好奇心が強く、遊び好きです。人や同居のほかのペットとも上手に接します。

 

マンチカンの飼い方

マンチカンは小さい体ですが、足の長さにかかわらず、非常にパワフルでスピードにあふれています。

遊ぶためのおもちゃやスペースは十分に用意してあげましょう。

一般の猫に比べて、足が短いため跳躍力が劣ります。短足タイプで体格の小さいマンチカンの場合は、キャットタワーの高さを低めに調整してあげましょう。

長毛タイプは週に2~3回、短毛タイプは定期的にブラッシングまたはコーミングをして、毛球症を防いであげましょう。

マンチカンの毛色

マンチカンはあらゆる毛色と被毛の長さが存在し、すべてが認められています。

マンチカンの気を付けたい病気

マンチカンは短足でありますが、ダックスフンド犬のように胴長ではないため、脊椎についての問題は少ないとされています。マンチカンは現在も雑種猫との交配が認められていることもあり、先天性・後天性いずれの疾患も少ない丈夫な傾向があります。

一般的なマンチカンの寿命は10~13歳程度とされていますが、両親とも短足タイプである場合の短足の子猫は、原因不明の突然死の傾向があるとも伝えられています。

マンチカンは10歳を越えた頃になると高齢期に入ります。

運動不足による肥満は糖尿病や、マンチカンのように足の短い猫ではヘルニアの原因となることがあります。

高齢になると運動量は落ちてしまいますので、バランスの良い食事を適量に与えるよう注意しましょう。

高齢の猫では慢性腎不全が起こりやすいことが知られています。水を多量に欲しがり、たくさんおしっこをする多飲多尿の症状があれば腎不全の可能性があります。気になったら動物病院を受診し血液検査を行いましょう。