ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット


英語表記
Norwegian Forest Cat

原産国
ノルウェー

公認団体
CFA ・ TICA ・ FIFe ・ GCCF

毛種
長毛種

ノルウェージャンフォレストキャットの歴史

北欧の神話に登場する女神フレイヤの乗るソリを引いていたという伝説があることで、ノルウェージャンフォレストキャットは、北欧では広く知られています。その歴史は4000年前にさかのぼるとも言われていますが、はっきりしていません。

1説では、南ヨーロッパに住んでいた短毛の猫スコウガットが祖先と言われています。一方では、11世紀頃にバイキングがトルコから猫を持ち帰り、それが住み着いたものとも言われています。冬の寒さの厳しいノルウェーで生き残るのに必要な条件が整っていた猫だけが生き残り、その残った猫たちで選択交配が行われてきたため、長毛でやや大きめの猫になりました。長い歴史の中で人間の生活に近づき、ネズミ退治のために農場などで飼育されていたことも多かったようです。長い歴史の中で人間の生活に溶け込んでいき、ネズミ退治のために農場などで飼育されていたことも多かったようです。

 

1930年代、国を代表する猫としてノルウェーの愛猫家はskogkatt(ノルウェージャンフォレストキャットの前身)を保護、育種する活動を始めました。

しかし、第二次世界大戦がはじまると活動は中断されてしまい、1970年代になる頃にはskogkattは絶滅寸前にまで追い込まれてしまいました。

そこで1975年、ノルウェーの繁殖者たちによって、ノルウェージャンフォレストキャット(ノルウェー語でNorsk Skogkattring)の最初の猫種クラブが設立され、本格的な育種と保存活動が再開されて、1977年にはCFAに猫種として登録されました。隣国であるスウェーデンでは1978年に、アメリカでは1984年になってようやく登録されています。

日本ではノルと短く呼ばれることが多くありますが、英語読みの愛称をウェジー、またはアルファベットの頭文字を取ってNFCと短く呼ばれることもあります。

ノルウェージャンフォレストキャットの特徴

頭部は三角形で鼻筋はまっすぐであり、あごは分厚く、体格は筋肉質でがっちりとしています。

長いしっぽは先の方に向かって細くなっています。

被毛は大変ふさふさとした長毛のダブルコートで、水や脂をはじくように皮脂で覆われています。

体重は、成猫のオスは4.5~7.0kg程度、メスは3.5~5.5kgとなっています。

ノルウェージャンフォレストキャットには全体に線が細めで可愛らしいアメリカ系と、しっかりとした体格のヨーロッパ系の2つの系統があります。

 

 

ノルウェージャンフォレストキャットの性格

ノルウェージャンフォレストキャットはおだやかで賢く、辛抱強く優しい性格で、人や他猫とのコミュニケーションを好みます。

長毛猫にしては活発で、特に子猫から若猫の時代は遊ぶことが大好きで、おとなしくしてはいません。

成猫になっても、屋外では木登りを好むため、キャットタワーを用意してあげましょう

 

 

ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方

長毛種のノルウェージャンフォレストキャットは毛玉ができやすい被毛なので、毎日ブラッシングやコーミングを行って、抜け毛を取り除くようにしてください。毛玉ができると皮膚疾患の原因になってしまうこともあります。毛玉はすぐに対処するようにしましょう。ノルウェージャンフォレストキャットの被毛は、防寒・防水のために皮脂で薄く覆われています。シャンプーを行わないと、被毛の汚れが落ちにくくなったり、雑菌が繁殖したりして、皮膚炎を引き起こすことがあります。寒冷地以外では月に1度はシャンプーをするようにしてください。大きくなってからシャンプーを始めると嫌がることも多くあります。小さい頃から、ブラッシングやシャンプーなどのお手入れに慣らしておくようにしたほうが良いでしょう。

 

また、ノルウェージャンフォレストキャットはサイズが大きめの長毛猫のため成猫として完成するまでに約3年かかります。

成猫になると比較的おとなしいと言われていますが、若猫の頃は元気で、運動も遊びも大好きです。

 

ノルウェージャンフォレストキャットの毛色

ルウェージャンフォレストキャットは単色ではブラック、ブルー、ホワイト、タビーではブラウン、シルバー、ブルー、レッド、クリームとこれらの濃淡があります。さらにホワイトや他色とのバイカラーがあります。

 

ノルウェージャンフォレストキャットの気を付けたい病気

ノルウェージャンフォレストキャットは純血種としては遺伝的疾患が少なく、比較的丈夫な猫種ですが、好発疾患としては肥大型心筋症という心臓病や、肥満による糖尿病があります。

太りやすく、肥満は心臓や関節に負担をかけてしまいますので、食事やおやつのあげすぎには注意しましょう。