セルカークレックス

セルカークレックス


英語表記
Selkirk Rex

原産国
アメリカ

公認団体
CFA ・ TICA

毛種
短毛種 ・ 長毛種

セルカークレックスの歴史

セルカークレックスは自然発生猫種で、1987年頃に発見されたばかりの新しい品種です。

 

アメリカ・モンタナ州にあった動物保護施設。ここで保護されていた5頭の子猫の中うちの1頭がセルカークレックスの祖先となる巻き毛の猫でした。セルカークレックスという名前は、この子猫が生まれた施設があった山の名前に由来しています。この巻き毛の猫は、ペルシャの繁殖家であるジェリー・ニューマンに引き取られ、ペストと名付けられました。

似たような巻き毛種のコーンウォールレックスやデボンレックスがこの地域にいなかったこと、ペストと一緒に産まれた兄弟猫は直毛であったことを確認し、ニューマンはこの巻き毛が突然変異であると考え、自らの黒いペルシャと交配してみることにしました。そして6頭生まれた子猫のうち3頭が巻き毛であったことにより、この毛質が遺伝であることを確信したニューマンは、ほかの繁殖家とともに全く新しい巻き毛の猫の育種を始めました。

 

その後、長毛の毛質と人懐こさを高めるためにペルシャと、忍耐強い性格を与えるためにブリティッシュショートヘアと、明るい性格を与えるためにエキゾチックショートヘアとの交配が行われました。

こうして、ペットとしてふさわしい容姿と性格を持つ猫へと洗練されていきました。

そして1992年にはTICAで、1998年にはCFAやほかの団体で、新しい猫種として認定登録されることになりました。

セルカークレックスの特徴

セルカークレックスはたくましい体を持つ大柄な猫で、丸い頭に短めの鼻という愛嬌のある顔立ちをしています。

標準的な体重は3~7kgとされていますが、オスでは7kgを越える個体もいます。

 

ショートヘア、セミロングヘア、ロングヘアといろいろな長さの毛を持ちますが、特徴的な巻き毛はどの長さでも起こります。ただし、両親とも巻き毛の遺伝子を持っていない場合は直毛で生まれる可能性もあります。直毛で生まれた場合でも血統書上はセルカークレックスですが、別名でセルティックと呼ぶこともあります。

セルカークレックスの性格

セルカークレックスの大変静かで落ち着いた性格と特長的な巻き毛のために、「羊の皮をかぶった猫」と呼ばれることもあります。

辛抱強く寛容な性格ですので、初対面の子どもの相手もそつなくこなします。

セルカークレックスの飼い方

セルカークレックスは子猫から若猫の時代は活発な面をかなり強く見せ、ネズミ捕りなどのハンティングも大好きですが、成猫になると落ち着いて太りやすい傾向があります。子猫の頃から遊びによって体を動かすことを怠らずに習慣づけましょう。

体が大きくなりますので、キャットタワーを設置する時は、足場がしっかりと安定したものを選んでください。

 

セルカークレックスは被毛の手入れは重要です。

また、巻き毛タイプは皮脂の多い傾向があり、抜け毛が体にとどまりやすいため、手入れを怠ると皮膚病の原因になることがあります。シャンプーを嫌がらないよう、子猫の頃から慣らしておくようにしましょう。

短毛の巻き毛タイプであってもこまめにブラッシングしてあげましょう。

 

セルカークレックスの毛色

セルカークレックスは非常に多くの毛色があり、すべての毛色とパターンが認められています。

セルカークレックスの気を付けたい病気

セルカークレックスは自然発生種が基礎になっているため、基本的には頑健な猫種ですが、

品種育成のため導入されたペルシャには遺伝性疾患が多く、腎不全を引き起こす多発性のう胞腎や、肥大型心臓病などの素因を受け継いでいる可能性はあります。

中高齢になると腎不全はその他の猫にもも起こりやすい疾患ですが、治療の方法はありませんので、食生活などで生活を管理していくことになります。多飲多尿はこの病気のサインですので、見逃さないように気をつけましょう。

 

巻き毛の個体では皮脂の分泌が遺伝的に多い傾向があります。日本の高温多湿の気候では、脂っぽい皮脂を放置すると、真菌症や脂漏性皮膚炎、外耳炎などの原因になることがあります。