ジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイル


英語表記
Japanese Bobtail

原産国
日本

公認団体
CFA ・ TICA ・ FIFe

毛種
短毛種 ・ 長毛種

ジャパニーズボブテイルの歴史

ジャパニーズボブテイルの起源は、日本土着の猫たちです。

しっぽがねじ曲がり短く、がっちりした中型の体型で、ネズミ捕りの仕事もペットとしての仕事もほどほどにこなします。

1960年代、日本猫に魅了されたアメリカ人女性クロフォードは、まずアメリカの友人にひとつがいの日本猫を送り、自分も帰国すると繁殖に乗り出します。同時に、日本からもたくさんの猫たちを輸入して、ジャパニーズボブテイルの歴史は始まりました。

 

私達には見慣れた日本猫ではありますが、実のところ日本でもその起源はよくわかっていません。古い記録では9世紀頃に宮中で飼育されていた黒猫のことが、10世紀頃にも「唐猫」と記述された贈答品の猫のことが記されていますが、いずれも中国から輸入されたものと書かれています。

これより以前に土着の猫がいたのか不明です。逆に平安時代になると、宮中以外にも貴族などの生活記録や物語にも猫が現れるようになりました。

やがて江戸時代になると庶民にも広がり、似た姿をした猫達がこの時代の多くの文献や絵画の中に残されています。

 

宮中・貴族などの家で大切に飼われていた頃の猫は、数も少なく外へは出さずに飼育されていました。遠くに行ってしまわないようにと紐をつけて飼育していた時期も長かったようです。この時期はまだ猫の入手は難しく、仕方がないので本物の猫の代わりに猫の絵を貼ってネズミよけにしてみたり、猫を模った人形が作られたりしました。

時代とともに農作の技術が進み出来高が増えるにしたがって、ネズミの被害も大きくなり、17世紀(慶長7年)にはついに「猫に紐をつけて飼育しないこと」と通達が出されることになりました。

紐に繋がれていた猫たちは自由の身となりました。これが野良猫の始まりであり、また日本土着の猫が全国に広まった理由でもあると考えられています。

 

戦後はペットとしての洋猫が輸入され、爆発的に人気を高めていきました。未だ放し飼いにされることの多かったこの頃の日本では、野良猫と輸入された洋猫の混血が始まってしまいます。

これに危機感を抱いた作家で動物学者でもあった平岩米吉により、日本猫の保存活動が始まったのは1970年代のことでした。クロフォードが日本猫をアメリカに送り、ジャパニーズボブテイルの繁殖を始めるよりも後のことです。。

そして1976年に米国の猫の血統登録団体CFAが、ジャパニーズボブテイルを猫種としてみとめられました。

ジャパニーズボブテイルの特徴

特徴となっているしっぽは短く、関節に可動性がないため曲がったままで固定されています。目は大きめの楕円形で各色ありますが、オッドアイという左右の色の違うものもいます。標準的な体重は4kg程度です。

 

ジャパニーズボブテイルの性格

人を観察していてよく慣れます。賢く、物わかりの良い面があり、社交性が高いのでほかの猫や動物ともめごとを起こしづらいといわれています。

ひとことで言って「大人っぽい」性格の猫で、ベタベタと甘えてくることは少ないようです。

 

ジャパニーズボブテイルの飼い方

太りやすい傾向があるため、運動不足にならないようにキャットタワーなどを工夫し、子猫の頃からたっぷり遊ばせて引き締まった体を作ってあげましょう。おやつの量にも気を配りましょう。

 

物わかりが良く賢い猫ですので、しつけもしやすいとされていますが、やや頑固な面もありますので、トイレや爪とぎなどの基本的なしつけなどは子猫の頃からしっかりと行いましょう。

 

ジャパニーズボブテイルの毛色

ホワイト、レッド、サビやレッド&ホワイトなどの2色、または三毛などがあります。

 

ジャパニーズボブテイルの気を付けたい病気

ジャパニーズボブテイルは土着の猫のため丈夫ですが、すべての猫一般にかかりやすい疾患には注意が必要です。

尿路結石や腎臓疾患の予防のためにも、水分を多く取れる食事の工夫をし、良質な水を用意してあげましょう。