ベンガル

ベンガル


英語表記
Bengal

原産国
アメリカ

公認団体
TICA ・ FIFe ・ GCCF

毛種
短毛種

ベンガルの歴史

ベンガルの歴史は、アメリカ人繁殖家ジーン・サグデン・ミルズのひとつの試みから始まりました。

それは1963年、ミルズが1頭のヤマネコ、アジアンレパードキャットを手に入れ、自らの黒毛のオス猫と交雑を行ったことに端を発しました。この交配は成功し、生まれた子猫(F1世代)は最初のうちは母ヤマネコ同様の柄があったものの、成猫になると父猫の黒毛に覆われてしまいました。しかし、この黒毛のメスの子猫(F1世代)が産んだ猫たち(F2世代)は、ヤマネコのようなスポットを持っていたとされています。

事情によりミルズは、F3世代を見ることなく、繁殖を中止することになりました。

 

その少し後、同じアメリカのカリフォルニア大学で、猫の白血病研究が行われていました。この研究では、ヤマネコなど一部の野生の猫はネコ白血病の抗体を持っているのではないかという仮説で、ヤマネコとイエネコの交配を行っていました。この時生まれた子猫は育種を再開したミルズに渡され、このF1世代を基礎に改めて繁殖と育種の途につくことになりました。

1983年に、ミルズはTICAにベンガルの登録を申請し、予備登録が認められて、育種のための観察期間が開始されました。

2年後の1985年、初めてキャットショーに出陳されたベンガルたちは、猫好きの飼い主や繁殖家たちから大絶賛を受けました。野性的な美しさと個性に魅了された繁殖家が次々と交配に乗り出し、アビシニアン、アメリカンショートヘア、エジプシャンマウ、シャムや世界各地の短毛の土着ネコなどと育種を進めました。この時の様々な交雑により、ベンガルは十分な遺伝子プールを持つことができ、純血の猫種として確立することになりました。

TICAでは今日まですでに6万頭以上のベンガルを登録しています。イギリスの団体であるGCCFもベンガルの登録を受け付けています。しかし、野生ネコの交雑を禁じているCFAではベンガルの登録を認めません。

TICAでは3世代の中にアジアンレパードキャットがいる時は、その子猫のショーへの出陳を禁じています。F1やF2など祖先に近いほど野性味が強く、家庭で飼いやすくなるのは4世代目のF4以降と言われています。

なお、現在はアジアンレパードキャットの輸出入や飼育は、法律の制限により難しくなっています。

ベンガルにはロングヘアが生まれることがしばしばあります。ロングヘア種は別の猫種として登録をするため、一部の血統登録団体で予備登録が行われています。

ベンガルの特徴

ベンガルは、やや幅の広いくさび型の頭に幅の広い鼻すじ、ややつり目のアーモンド形の目をマスカラと呼ばれるアイラインがふちどっています。

イエネコより背骨が一節多いベンガルは胴体が長く、がっちりとした筋肉質で、中型からやや大きめのロング&サブスタンシャルタイプです。

ロゼットと呼ばれる特長的な豹柄以外に、タビーやマーブルもいます。

全体的に野性的な外見をしています。

 

ベンガルの性格

ベンガルは見かけによらず温和で、甘えん坊の性格です。運動量が多く遊び好き、ハンティングも大好きで、猫としては珍しく水遊びも好きです。

視覚・聴覚・嗅覚が発達しており敏感に反応しますが、神経質ではありません。

ベンガルの飼い方

子猫~若猫時代はどんな猫でも活発なものですが、ベンガルは群を抜いています。

成猫になってからも、ほかの猫種よりは運動量が必要です。

たくさん遊んであげる工夫や運動できる環境を整え、住居や家具類、キャットタワー等の配置を熟慮する必要があるでしょう。

ベンガルは非常に賢く、観察力や洞察力があるので、しつけそのものは難しくありません。

窓や扉に鍵をかけ忘れると、開けられてしまうことがしばしばあるようです。

ベンガルの被毛はみっしりと生えていますが、シングルコートなので手入れは楽でしょう。

 

ベンガルの毛色

ベンガルはブラウン、シルバー、ホワイトの3色の毛色に、2つの模様の組み合わせが基本となります。

模様はロゼットに代表されるスポット(斑)と、マーブルやタビーのような縞があります。

シルバーにはスモークが出る場合があり、公認色ではありませんが、ブルーやブラックも存在します。

 

ベンガルの気を付けたい病気

ヤマネコとイエネコの交雑であるベンガルには、近年になって染色体に関係する疾患が報告されています。

常染色体劣性遺伝では、光受容器の疾患で失明する可能性や、ピルビン酸キナーゼ欠損症による溶血性貧血などが報告されているようです。

作出からわずか20年程度の猫種ですので、疾患の傾向はこれから発現することも考えられます。

非常に多くの運動量が必要であり、運動不足ではストレスにより心身に悪影響が出ることがあります。皮膚疾患、脱毛やストレスによる威嚇、攻撃に至る場合がありますので、運動のできる環境を用意してあげるとともに、異変に気づいたら早めに動物病院を受診しましょう。