オシキャット

オシキャット


英語表記
Ocicat

原産国
アメリカ

公認団体
CFA ・ TICA ・ FIFe ・ GCCF

毛種
短毛種

 

オシキャットの歴史

模様がオセロットというヤマネコのような豹柄を持つことからから「オシキャット」と呼ぶことにしました。ヤマネコである「オセロット」と「交配によって生まれた」という意味を持つ「アクシキャット」に由来していると言われています。ですがヤマネコとの交雑はまったく行われず、シャムとアビシニアンの交雑2代目で偶然生まれた猫でした。

アメリカの繁殖家バージニア・デイリーは、アビシニアンの毛色にシャムのポイントを持つ猫を作ろうと考えました。この交雑の1代目の子猫たちは、全員がアビシニアンの毛色を持っていました。この子猫たちを使って作り出した2代目子猫の中に風変わりなパターンを持つ猫がいました。ベージュの地色に茶色の細かいスポットを持つこの猫はトンガと名付けられました。しかしデイリーにとってこの子猫は求めていたものと異なるため、去勢をしてペットとして譲ってしまいました。

 

その頃有名な遺伝学者のクライド・キーラー博士は、ヤマネコによく似たスポットを持ち、すでに絶滅した猫種に近い猫を作出しようと試みていました。それを知ったデイリーはキーラー博士に連絡をとり、トンガのことを伝え、トンガと同じ特徴を持つ猫を育種することを決めます。

トンガは去勢済みだったため、トンガの両親を使って何度か交配を試み、トンガより褐色がかったオス猫を作り出すことができました。次にアメリカンショートヘアのメスとの交配で、シルバーの毛色を作り出す試みが始まり、結果生まれたのが、オシキャットなのです。

 

 

オシキャットの特徴

オシキャットはゆるやかなクサビ型の頭に大きな耳、アーモンド形の大きな目をしており、目の色は青以外はすべて許されています。

標準的な体重は3.5~6kg程度、筋肉質のしっかりした体を持ちます。

オシキャットの最大の特徴は豹柄のスポット模様ですが、よく見るとアメリカンショートヘアのようなクラシックタビー模様が変形したものであることがわかります。

オシキャットの性格

オシキャットは野性的な外見と裏腹に、大変家庭的な性格の、大きな甘えん坊です。

人見知りが少なく、ほかのペットとも子どもとも仲良くできます。

オシキャットの飼い方

しつけはしやすく、呼ばれれば来る、ボールを投げれば取って来る、お座りをする、リードをつけて散歩ができるなど、犬のような猫とされています。

 

オシキャットは甘えん坊なので留守番は苦手です。外見に似合わずやや弱気で依存心があるため、留守がちなお家では相性の良いほかの猫と2頭飼育をするか、面倒見の良い穏やかな犬と一緒に飼育することを検討しましょう。

 

オシキャットの毛色

代表的なのは、ブラウンスポットがあるタウニー。そのほか、シルバー、ブルー、チョコレートなど全部で12種類。

 

オシキャットの気を付けたい病気

オシキャットのみに好発する疾患は少ないようです。

 

膀胱炎や皮膚疾患は、どんな猫にでも起こりやすい疾患です。膀胱炎は放っておくと尿結石の原因になることがありますので、気づいたらなるべく早く、動物病院を受診しましょう。

オシキャットは優しく繊細な性格のためストレスをためがちです。

脱毛などの異変が出ないよう、環境の変化には十分に気を遣ってあげましょう。